2007年10月18日

心機一転

まずは、ブログ・板でのコメントありがとうございます。
しばらくまとめに集中していたので、返答出来なかった事をお詫びいたします。

そして気付かれなかった事ですが、鉄道の日に公開出来ず申し訳ない。
お待たせしていた分、少しでも何か付加価値をと焦ったのですが、色々無理が生じました。特にあっきぃさんには申し訳ない事をしたなと。

そうして色々あった中、まとめサイトがなんとか公開となったので、ひとまず作品作りを再開します。更新作業も運営人員へ引継ぎするのですが、自分とpgelaさんだけでまとめた分、運営者のシリーズ作品への知識が乏しいままなので慣れるまで大目に見て頂ければと思います。どうかよろしくです。





ここからはオレのターン!
過去に予定を組みましたが、白紙に戻します。
少なくとも手をつけた作品ですので完成すれば予定に入れた物は出しますが、気が向いた時にします。つい先ほど、なんとなく次回作に使う曲に出会ってタイトルネタ先行で頭を作ったので、その勢いで仕上げます。勘を取り戻すためにも、慣れ親しんだ横浜線で!

その場の思いつきや勢いはハイクオリティな物を超えるので、またこのスタンスに戻して何作分も一気に作れるくらいの勢いが出るよう突き進もうかと思いますw もちろん質を落とす意味ではなく、修正や調整が必要だと自分で感じなくなる程度まではきちんと作ります。


動画はやる気と時間と体力の問題ですねw
もう思い切って作り込む気は無いですし、凝れば凝るほど面倒になって作る事が楽しくなくなりミスも多発するので、勢いだけでいける所までにしようかと。

あくまで途中下車は音MADですし、自分にとっても動画はおまけ。
これまでの作品でも、シンクロを目指す訳でもなく、音だけでは伝わりにくい部分やネタが薄い部分の補強しかしていません。それが横浜線作品の特徴にもなりましたが、まだ音だけでも挑戦出来る事は山ほどあるのでw



そして、予定していた他線作品は、当面見送ります。
復帰一発目としては、ちょっと荷が重過ぎると判断しました。
動画の構想が先に浮かんで気持ちが逸り、また無駄にこだわりそうな雰囲気なので、まずは作品を出す意味でのシリーズ復帰を目指します。


 

同じ路線でも同じ曲にはならないはずなので少し余裕を持って構えていても大丈夫かなと言う目論見があり、ネタのためだけに曲を選んだせいで、頭の部分を作った時点でかなり難航しています。

もし同じ路線・同じ曲で被った場合はお蔵入り。
その曲で作った事だけでもすごい事ですし、その発想が正解だと自分は思うので。でも動画支援とかをするかも知れませんw 同じ発想だった記念にw





次回作以降の作品の扱いですが、大まかな分け方としては、『横浜線×IOSYS』(大変な横浜線シリーズ)と、『横浜線×他曲』、そして『他線』。別にそこまで区別にこだわる必要もないですし、作ってから考えるべき事なのですが、たぶんこの範囲くらいが限界かなーと。

もしかしたら、まったくの別ジャンルを気まぐれに作るかも知れません。まとめておいてそりゃないだろという気もしますが、そこは自由なはずなので。
同じ事ばかりでも発想が貧困になりがちですし、別の物に触れる事で途中下車作品に何かをもたらす事が出来るかも知れないという希望もあると、先に言い訳を考えて見ました。

可能性は薄いですが、何か作ったらここでお知らせしますw





作品を出さなくなって1月が過ぎたので、作者としての自分はもう過去の存在。
それを利用して、新しい方向性を見出したいなと思っています。

横浜線作品では、過去の評価が上乗せされ新たな自分への新たな評価にはなりません。ですから『いかに同じ路線のネタでも飽きさせないように出来るか』だとか『どの曲が音を乗せやすいか』など、途中下車作品としての可能性を見出したり、基本形を作って行く事になります。これは3作目あたりから考えていた事と変わりありません。



ですが、他線作品ではどういった反応が返って来るのかを見たいです。
横浜線作者としてではなく、挑戦者として。

まとめていたからでしょうけど、最近のシリーズを見ていると、『過去に何の作品を作った作者か』など、作品ではなく作者に目が行ってしまうケースが多いです。作品を見る上で、作者が誰かと言うのは関係ないですし、『この作者だから作品に信頼を置ける』と言う部分も、まずは素直に作品を見てから感じる事のはず。

同じ作者でも波があります。流行に乗る乗らないも大きな要素。
それでも作品が良ければ自然と評価が上がってくる。


自分の場合は、作品が認められた事と途中下車シリーズという枠組みに甘えすぎていた気がします。他ジャンルの作品と渡り合い、途中下車シリーズを盛り上げられる要素になるにはいくつも超えるべき壁があるので、ジャンルを問わず定評のある作者たちに負けないよう、またそう呼ばれる作者になれるようになりたいです。





そう考えると、これまでの作品は飛び抜けた物がないと言うか…。
常に違う素材を使い色々なジャンルに飛び込んで、どこかで大きな成果が出るなどと言うような事がないので、色々考えてしまいます。

正直、自分も週間や月間のランキング動画に乗るような作品が作れたらいいなぁと夢見ています。でも、ブログで色々と言葉を選んで結局長文と言うように頭が固いので、自分の予測の範疇を超えるような事が出来ません。堅実と言えば聞こえはいいのですが、普通に言えば「地味」ですw





よく器用貧乏と言われその自覚もあるのですが、このままでは1番になれない運命。なのに負けず嫌いだったりするので結構厄介ですw

好奇心は年と共に薄れ、向上心も中途半端になりつつあります。
ただ、いつまでも大人気ない大人で居たい。子供心や遊び心を忘れたくない。でもきちんと責任を果たし結果を残す。

これが自分の理想。


それを形に出来る場所が自分の場合はニコ動なのでw
仕事でも同じような事はするけれど、お金が絡むしお金を出す相手が居るので多少の安定と利益に走らざるを得ないケースが多いので鬱憤が溜まっているのもありますがw


もっと楽に考えて、羽目を外せるようになれるといいなぁ…。





はい、いつも通り主旨から遠ざかってよくわからない方向性の話になりましたねw

こういうのが悪いんだ…。
ブログなんてもっとテキトーに5行くらいでいいんだからw
ここも変えて行かなくちゃですねw


いつも長文でごめん!
そして読んでくれる方、コメントをくれる方、ありがとう!!
そいでは(・∀・)ノ
posted by naru at 03:13| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名前を変えてみました。前にスイミーとしてコメントしたかと思います。が、どちらで呼んでいただいてもかまいませんので…(ややこしくてすみません)。

そんなことはさておき。

まとめサイト(仮)開設おめでとうございます!
(お祝いコメントはここでもよいでしょうか?

データ消失したりと大変だったかと思われますが、公約期日までに形を作ってしまうとは。社会人のみなさまの意地を強く感じました!今度は第一線の作者としての斬新な一作を楽しみにしていますw

「あの作品の作者さん」というくくりについてはやはり注目が高いみたいですね。向こうのシステム上検索できなかったことも一因ではないかと思います。最近は見る側も新しい作者を歓迎したり…そんな雰囲気がちょっと薄れてきて残念ですし。naruさんの意気込みが、挑戦が、他の作者さんや見ている人によい方向に影響するといいですね☆


…ここから私事で申し訳ないのですが。大宮の先-新百合ヶ丘間を行ったり来たりの毎日で収録が全然進まず、なかなか着手できないのが現状だったりします(通学先はログを解析すればすぐ分かるかと思います。大学からぼちぼち見ていたので/笑)。そこで、全線よりも先に区間を切ったりして1作なんとか…出したい、なぁ(汗

最後に全然話が逸れてしまうのですが…もし、小田急に興味があれば今週の土日はファミリー鉄道展なので覗いてみるのはいかがでしょうか?「鉄道の日に出かけられなかった!」なんて鬱憤が晴れるかも(苦笑)。こちらは日曜日に初参戦するつもりですw

…僕も長文派みたいです。関係の薄い文での記事汚しすみません(泣
Posted by fish at 2007年10月19日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。